にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

文系大学生の部屋

女子大学生のブログです。なんでも書きます。ぜひ読んでみてください(ㅅ´ ˘ `)

【神さまを待っている】を読んで

こんばんは。暁です。

 

畑野智美さんの「神さまを待っている」を読み終わりました。この本はYouTuberの方が書評していて、kindleでたまたま安くなっていたので買いました。

 

この本のテーマは「貧困」です。私は今まで他人事のように考えていました。でも大学を卒業した後は家を出て一人暮らしします。あと二年後には主人公のように帰る家がないホームレスになる可能性はゼロとは言い切れません。

 

あんまり書くとネタバレになりそうなので読んだ感想だけ書きます。

 

大げさかもしれませんが、この本に出会えてよかったです。

 

みなさんは「貧困」について自分から調べてみたことはありますか?

 

自分の家が貧しかったら調べたことがある人もいると思います。でも自分に関係ないことは調べない人が多いのではないでしょうか。

 

私もお金のこととか経済のこととかについては図書館で本を借りたりインターネットで調べたりはしたことはあります。それは興味があったから行動に移せたんです。

 

興味がなかったら目に入ってこないと思います。

 

もしこの本が小説ではなく、貧困について現状を書いた本だったら手に取っていなかったでしょう。

 

この小説を読んで貧困の全てがわかるわけではありません。小説なので。

 

しかし私にとって貧困について考えるよいきっかけをくれた本になりました。参考文献にある本を借りて読みたいです。