にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

文系大学生の部屋

女子大学生のブログです。なんでも書きます。ぜひ読んでみてください(ㅅ´ ˘ `)

【天気の子】を読んで

こんばんは!暁です。今回は新海誠さんの【天気の子】を読んだ感想を書きます。ネタバレはしないようにします。

 

天気ってなんて不思議なのだろうと、僕は思う。ただの空模様に、人間はこんなにも気持ちを動かされてしまう。 

 わりと天気に左右されるタイプです。天気が良くて綺麗な空を見たときはいい日だなって思うし雨の日は気分も下がる。雨が嫌いというより濡れたり荷物が増えたりするから嫌なんですよね。家から出ない雨の日はそんなに嫌いじゃない。

 

世の中の全てのものが自分のために用意されていると信じ、自分が笑う時は世界も一緒になって笑っていると疑わず、自分が泣く時には世界が自分だけを苦しめていると思っている。なんて幸福な時代なのだろう。 

 自分が楽しいときに今世界では食べるものがなくて困っている人たちがいることなんて考えたことない。自分が悲しいときは私だけが悲しくて周りは幸せだと思い込む。何でだろう…。

 

 

私は君の名は。を映画館で観たし小説も読みました。正直、私は君の名は。より天気の子のほうが好きです。君の名は。も好きだけど。

 

まだ映画を観れてないので観てみたいなと思いました。

 

天気の子を読み終わった日がきれいな青空でなぜか泣きそうになりました。