にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

文系大学生の部屋

女子大学生のブログです。なんでも書きます。ぜひ読んでみてください(ㅅ´ ˘ `)

【丸の内魔法少女ミラクリーナ】を読んで

こんばんは!暁です。今回は村田沙耶香さんの【丸の内魔法少女ラクリーナ】を読んだ感想を書きます。ネタバレはしないようにします。

 

ストレスなら毎日感じている。でも私は、それをキュートな妄想で料理して食べる方法を知っているというだけだ。 

 

私は妄想で魔法少女にはなったことない。でもそういう方法でストレスを乗り切ることもできるんだなぁって思いました。私の場合、ストレスを乗り切るというより発散する方で、歌うとか日記に書くとかだったから新鮮でした。

 

正義なんて結局は善意の押し付けでしかないじゃん?

 

そうかもって思ってしまった。私はたぶんどちらかというと正義感が強いほうで友達が悪く言われていると友達よりも私の方が怒ってるなんてことがあったような…

 

大学生になってからは落ち着いた気がします。ほぼ一人でいるのでほかの人のことはどうでもよくなったというか友達とも長期休みのときぐらいしか会わないから誰かから傷つくようなことを言われたっていう話もあんまり聞かないし…

 

私がおかしい!そんなの間違ってる!!とか思ってても友達がそう思ってないならそっとしといたほうがいいんだろうなって。考え方は人それぞれだもんね。

 

この本は4つの短編で構成されています。4つとも面白かったです。妄想で魔法少女になったり初恋の人を監禁したり校則で「性別」が禁止されていたり若者から「怒り」の感情がなくなったりとぶっ飛んでて面白かった。

 

残念なことに私の語彙力がないせいで面白かったしか言えない…

読書感想文も苦手でした。本を読むのは好きだったしおすすめしたい気持ちはあるんだけど私の言葉で伝わってるっていう実感があまりなかった。

 

ブログで本の感想を書くようになったのはkindleを買って読む量が増えたのも理由の一つだけどアウトプットのためでもあります。

 

インプットとアウトプットの黄金比って知っていますか?3対7でアウトプットを多くするといいらしいです。

 

できる限り紹介したい!書きたい!!って思った本はブログに書くようにしています。

スターやコメントも嬉しいしコメントも読んでます。最近不具合でもらったコメントにスターが押せなくて困っていますがちゃんと読んでます。

 

拙い文章だけど読んで今後の本選びの参考になったら嬉しいです。

とにかく気になった方はぜひ読んでみてください。