にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

文系大学生の部屋

女子大学生のブログです。なんでも書きます。ぜひ読んでみてください(ㅅ´ ˘ `)

【愛されなくても別に】を読んで

こんばんは!暁です。今回は武田綾乃さんの【愛されなくても別に】を読んだ感想を書きます。ネタバレはしないようにします。

 

私は、血が繋がっているだけの他人を親とは呼ばない。呼びたくない。 

 ただ血が繋がっているだけなのに。血の繋がりに何の意味があるんだろう。「親だから兄弟だから許してあげなさい」「兄弟なんだから仲良くしなさい」ってよく言われてた。親だから兄弟だから血が繋がってるから何をされても言われても許してあげなきゃいけないのか。そんなわけない。そんな仲よしごっこには付き合ってられない。

 

「お金を出してるからって、娘の人生に干渉する権利があるのかって思わない?」

ないよね?ないけど私は大学を卒業して自立するまでは親から干渉され続ける。もし干渉する権利があるなら少なくとも就職して自立するまで親の言うことを聞かなきゃいけないってことになる。私は親の操り人形じゃない。でも自立してないから親がおかしいこと言ってても何も言えない、逆らえない。親も子どもだからって支配してると痛い目に合うよ。力関係は逆転することを想像できないのだろうか。どちらが先に老いていくのかわからないのだろうか。

 

多くの人間が自分の為に金を稼ぎ、自分の為に金を使う。当人が満足しているのなら、それに他人が口出しする権利など本当にあるのだろうか。

ないね。いろいろ私も言われてきた。それも友達でもなんでもないただの顔見知りに。なんでそんなに私が何に使ってるのか気になるんだろう。友達になりたいわけでもなさそうだし、ただのお節介だよ。鬱陶しがられるからやめた方がいいよ。

 

 

Twitterで気になって読んでみましたが、共感できるところも多くてすっきりしました。言いたいことを登場人物たちが全部言ってくれた。ありがとう。