にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

文系大学生の部屋

女子大学生のブログです。なんでも書きます。ぜひ読んでみてください(ㅅ´ ˘ `)

【風に恋う】を読んで

こんばんは!暁です。今回は額賀澪さんの【風に恋う】を読んだ感想を書きたいと思います。

 

吹奏楽部の話です。私は楽器なんてほとんど弾いたことないです。中学校のリコーダーが最後だったと思います。

 

高校の時、吹奏楽部はあったけど、あまりいいイメージはなかったです。ほとんど休みもなくて楽器の移動とかも大変そうでした。

 

読み終わって吹奏楽部のイメージが変わりました。コンクールメンバー争いがあってしんどいからこそいい音楽になるんだなって納得したし、それを乗り越えることで成長していくんだなってわかりました。

 

本当に一生懸命やってないと悔しいと思わないし涙も出てこないと思います。私は中学・高校と部活には入ってたけど、この主人公たちみたいに「悔しい」と思えるほど頑張ってこなかったから羨ましかったです。

 

私は就活を頑張ります。主人公たちみたいに「悔しい」って思えるくらいに頑張りたい。卒業までに内定取れるかどうかもわからない。不安しかないけど、やり切ったって言って内定取って就活を終えたい。最後まで頑張りたいです。何十社って落ちまくってしんどくなると思うけど、頑張ります。

 

一つのことに夢中になると、それ以外のことを考えるのが、よそ見をしているように感じるんだ。逃げているように感じるんだ。それでもみんな、やりたいこととやるべきことに折り合いをつけて、頑張ってる。

 

私も課題と就活をどうやって両立させていったらいいのか悩みます。課題は毎日出るし、就活のためにいろいろやることは山積みだし。でも、私だけじゃないんですよね。ほかの大学生も頑張ってる。つい自分だけが大変だって思い込んでしまうけどそうじゃない。

 

無理しないように、でもやらないで後悔するのだけは絶対に嫌だから。努力します。

 

 

「一生懸命」を教えてくれた本でした。